知っておきたいファクタリング

ファクタリングについての情報が満載です!

このサイトは二社間ファクタリングの特徴をメリット、デメリットを使用可能なケースとNGケースを含めて分かりやすく説明する事を目的にしています。
資金調達方法として昨今名前を馳せていますがその仕組は色々細かい部分がありもしも使う場合には、それらをしっかり把握しておいた方が色々とメリットがあります。
ただ、理解さえ出来ていれば、例えば中小企業で資金調達を急ぎたい場合等にはとても役に立つ手段ですので、気になる項目があった場合にはしっかりチェックする事をお勧めします。

二社間ファクタリングの特徴

二社間ファクタリングの特徴 ファクタリングには、二社間で行われる物と三社間で行われる物の2つが存在します。
基本的にはファクタリングと言えば、三社間型の物を指すのですが、中小企業の場合は二社間型の物を選択する事が多いです。
二社間ファクタリングの特徴は基本的に依頼したい企業とファクタリング会社の間だけで行われる事にあります。
債権の確認等も依頼企業側からの書類により、ファクタリング会社が行うと思って下さい。
ちなみに手数料は三社間よりも高めの設定である事も押えておきたいポイントの1つです。
ただし、手数料が高いと言っても調査が順当に進んだ場合は早い会社の場合は即日で現金化OKのケースもありますので、出来るだけ早く現金を入手したい中小企業等にとっては重宝される手法でもあります。
ですが、利用する場合にはメリットとデメリット両方を知っておかないといけません。

二社間ファクタリングについて教えて下さい。

二社間ファクタリングについて教えて下さい。 昨今ファクタリングの名を聞く機会も増えましたが、ファクタリングには二社間型と三社間型の2つがあります。
そして二社間ファクタリングですが、この場合は納入業者とファクタリング会社の二社だけで全てが完結している事が特徴です。
納入業者から仕事の依頼があった場合に、依頼があった会社は売掛先の調査を来ない、そこで問題が無かった場合は即日現金化も可能となります。
売掛先の同意も必要が無い事も、押えておきたいポイントです。
対して三社間型の方では、使う場合にはまず売掛先に対し仕組を使う旨を通知しOKをもらう事が大前提となります。
OKさえ出たならば、ファクタリング会社から納入業者は手数料分を差引いた現金を入手出来る事になりますが、デメリットとして売掛先に「資金繰りが危ないのではないか」という疑念を持たれる可能性が出て来ます。
中には余程、相手企業の事情を理解しており、疑念の発生はあり得ないと断言出来るケースも無いではありません。
ですが中小企業にとって、信用問題は優先順位がかなり高い面があり、その結果として二社間型の方が全体的に多く使われる傾向があります。
ちなみに手数料も三社間よりも此方の方が高く設定されている事も押えておきたいポイントです。

ファクタリングに関する情報サイト

ファクタリング

新着情報

◎2020/8/24

個人事業主では使えない
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

デメリットについて
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ファクタリング 企業」
に関連するツイート
Twitter