知っておきたいファクタリング

ファクタリングについての情報が満載です!

二社間ファクタリングは取引先に通知されない

二社間ファクタリングは取引先に通知されない 二社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社だけで取引が行われ、取引先に通知されることはありません。
売掛先に債権譲渡の通知を行う場合には、力関係の弱い中小企業や零細企業にとって取引停止や受注減少などのリスクがあります。
しかし取引先に知られる心配のない二社間におけるファクタリングならばリスクがないため、安心して資金調達ができます。
三社間での取引を行う場合には売掛先に知らせるだけでなく詳しい説明を行い承諾を得なければなりません。
相手が大企業の場合など承諾を得るまでに時間がかかり、迅速に融資が受けられないケースも多く見られます。
利用者とファクタリング会社だけで取引を行う場合には、売掛先の承諾が不要なため迅速に資金を調達できるというメリットが存在します。
取引先に経営状態を知られることなくスムーズに資金の調達が可能となるため、最近ではこの仕組を利用する企業が増えています。
銀行などから融資を受ける場合と異なり取引後に返済義務が残ることもないので、負担が少ないというメリットもあります。

二社間ファクタリングで資金繰りを改善しましょう

二社間ファクタリングで資金繰りを改善しましょう ファクタリングを利用することで、取引先からの入金を待つことなく、売掛債権の回収が可能になります。
景気後退の影響により、支払いサイトの長期化の傾向が見られ、売掛金回収まで時間を要する傾向が見られています。
ファクタリングというと三者間で行われるイメージがあります。
売掛先の企業の同意が必要な三者間ファクタリングは、現金化するまでに時間が掛かってしまうものです。
運転資金が枯渇し、経営状態が苦しい状態では、三者間ファクタリングでは資金繰りが改善しないでしょう。
売掛債権を買い取ってもらう形の二社間であれば、スピーディに売掛債権を現金化することができるのです。
利用にあたっては、取引先との契約を証明できる書類、請求書などの簡潔な書類があれば大丈夫です。
特別な書類を作成する必要もなく、スピーディに経営資金の入手ができるのです。
会社によっては、即日で売掛債権の買取を実施しているところもあります。
審査を要せず、すぐに必要な資金が手に入っていきます。

新着情報

◎2020/12/8

担保の設定なしに利用
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

個人事業主では使えない
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

デメリットについて
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ファクタリング 改善」
に関連するツイート
Twitter