知っておきたいファクタリング

ファクタリングについての情報が満載です!

二社間ファクタリングの特筆すべきメリット

二社間ファクタリングの特筆すべきメリット ファクタリングには資金化が早く売掛先が倒産しても支払い義務が発生しないというメリットが存在します。
また大口の資金調達も可能なだけでなく、キャッシュフローが改善され信用情報にも影響しません。
貸借対照表にも影響がなく赤字決算や債務超過の状態でも資金を調達できます。
ファクタリングには二社間で行うものと売掛先を含む三社間で行うものが存在します。
二社間の場合は利用者とファクタリング会社のみが当事者になるため、取引先へ通知されることはありません。
売掛先の信用調査のみを行い、債権の存在確認も利用者が提出する書類によって行われます。
三社間の場合は取引先に通知し、説明を行った上で承諾を得なければならないので融資までに時間がかかります。
しかし二社のみで取引を行う場合は取引先が関与しないため、最短の場合は即日で売掛金債権を現金化できます。
取引先に知られることなく素早く資金調達を行いたいのであれば、二社によるファクタリングを選ぶとよいでしょう。

二社間ファクタリングは即日現金化が可能です

二社間ファクタリングは即日現金化が可能です 二社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社でのみ取引を行うため、三社間での取引のように売掛先が関与しません。
三社間ファクタリングでは売掛先の承諾を得なければならず、特に大企業の場合には承諾を得るまでに時間がかかってしまいます。
二社間の取引であれば売掛先の承諾が不要なので手続きを素早く行うことができ、早い場合には即日現金化も可能です。
また二社で取引を行う場合には、利用者の経営状態を売掛先に知られる心配もありません。
中小企業や零細企業などが取引先に経営状態を知られると、取引を停止されたり発注量を減らされる可能性があります。
三社で取引を行う場合には手数料が安いものの、売掛先に経営状態を知られて取引を停止されるなどのリスクがあるので注意が必要です。
二社で取引を行う場合には自社の経営状態を知られる心配がなく取引が停止されるなどのリスクもないので、安心してサービスを利用できます。
取引先に知られず素早く資金調達を行いたい場合には、二社でのファクタリングがおすすめです。

新着情報

◎2020/8/24

個人事業主では使えない
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

デメリットについて
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ファクタリング メリット」
に関連するツイート
Twitter

ファクタリングサービスには2社間と3社間があり、「最短即日の資金調達」以外にもさまざまなメリットがあります。 is.gd/DCO14R #即日資金調達

Twitter資金調達ベストファクター@bestfactoring

返信 リツイート 9/17(木) 1:38