知っておきたいファクタリング

利用する際のリスクを解説

利用する際のリスクを解説

利用する際のリスクを解説 最短で即日の資金調達が可能であることから、突発的に事業資金が必要となった場合に重宝する資金調達方法がファクタリングです。
手形割引のように売掛金が不良債権化してしまった場合でも補償をする必要がない点や、税金の滞納などがある場合でも利用できるメリットがあるわけですが、ファクタリングを活用する場合には一定のリスクがあることも承知しておきましょう。

最も大きなリスクとして挙げられるのが、利益が減少する点です。
売掛金を買い取ってもらう際には一定の手数料が差し引かれますし、銀行の融資利息と比較してこの手数料はやや割高です。
売掛金が現金化されるよりも利益が少なくなってしまう点はしっかり理解しておく必要があります。

加えて3社間取引の場合、ファクタリングを利用したことが取引先に知られることとなります。
今後取引先との関係があったしてしまうことも考えられるため、関係悪化が気になる場合には2社間取引がおすすめです。

ファクタリングで経営資金を調達する企業が増加

ファクタリングで経営資金を調達する企業が増加 ファクタリングを用いて経営資金を調達する企業が増えています。
取引先へ振り出した売掛金を、期日を待つことなく現金に替えることができるのがファクタリングを利用するメリットです。
企業を経営していく上で生じる資金繰りの問題を、手形を割り引くことにより解決するサービスです。
繁忙期の到来やキャンペーン時期などに、急な資金需要が生じることはあるものです。
支払いサイトが長期化する傾向が見られるなか、ファクタリングを用いた資金調達を考える経営者の方が増えて来ています。
ファクタリングを行う際には、振り出し先の承諾を得る形を取る3社間で行うものと、業者に直接買い取ってもらう2社間のタイプがあります。
売掛債権を直接買い取ってもらう形であれば、自社の財政を外部に知られることのない、問題のない資金繰りを実現することも可能となります。
業者によっては、一週間程度の短い期間で割引を行えるところも少なくはありません。
急な資金需要に対し、迅速な対処を行うことが可能になるのが手形割引を利用することのメリットです。

新着情報

◎2021/2/15

利用する際のリスクを解説
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

担保の設定なしに利用
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

個人事業主では使えない
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

デメリットについて
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ファクタリング リスク」
に関連するツイート
Twitter