知っておきたいファクタリング

個人事業主では使えない

個人事業主では使えない

個人事業主では使えない 二社間ファクタリングは取引先が関与しないため、経営状態について知られる心配がなく迅速に資金調達できるという特徴があります。
しかし取引先の承諾を得る三社間でのファクタリングと異なり、法人しか利用できない債権譲渡登記が必要とされます。
個人事業主は債権譲渡登記ができないので、二社間でのファクタリングを利用して資金調達を行うこともできません。
中小企業や零細企業のように法人化されていれば、債権譲渡登記が可能なので二社での取引が可能です。
個人事業主が売掛債権を譲渡して資金調達をしたいのであれば、売掛先を含めた三社間で取引を行うことになります。
三社間で取引を行う場合には取引先の承諾を得る必要があり時間と手間がかかりますが、二社の場合と比較して手数料が大幅に安くなります。
一般的なファクタリングの手数料相場は二社の場合が6%から40%ほどで、三社の場合は1%から5%となっています。
素早く資金調達を行うのには不向きですが、二社の場合と比べて手数料を大幅に抑えることができるため経営上の負担が軽くなります。

二社間のファクタリングは審査が甘めですよ

二社間のファクタリングは審査が甘めですよ 売掛金を早期に現金化しないと、経営が危ない中小企業などは現在非常に多くなっています。
手元に資金がない場合には、どうしても借金をしないといけない場合もありますし、倒産の危機に直面することだってあり得るのです。
このような場合に、スピーディーに売掛金を現金化できるファクタリングのサービスが利用できます。
二社間の場合には、審査がそれほど難しくなく、普通に利用できとても重宝します。
ファクタリングは、もし取引先が倒産しても、売掛金の回収義務もありませんので、大変安心して利用できます。
ただし手数料がある程度かかりますので、自分に入ってくるお金は少なくなってしまいます。
それでもすぐに売掛金を現金化できるので、現在利用している企業や会社が増えています。
ファクタリングを提供するサービス会社も多くなっていますので、審査はそれほど厳しくなく、お金を借りるより圧倒的に便利に使えますね。
もし資金で困っている場合には積極的に利用するべきです。

新着情報

◎2020/8/24

個人事業主では使えない
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

デメリットについて
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ファクタリング 審査」
に関連するツイート
Twitter