知っておきたいファクタリング

担保の設定なしに利用できる

担保の設定なしに利用できる

担保の設定なしに利用できる ファクタリングは、企業等が保有する売掛債権を利用して資金調達を行うことができる金融サービスです。
具体的には、専門の買取業者に債権を譲渡することで、その売却代金を得ます。
通常、売掛債権は取引先からの支払いがない限り現金化できませんが、この仕組みを利用すれば入金前であってもキャッシュを得ることができます。
似たような仕組みを持つ金融サービスとしては、売掛金担保融資というものがあります。
ただしこちらの場合はあくまでも返済を前提とした融資であるのに対し、ファクタリングでは債権を回収する権利そのものを第三者に譲渡することとなります。
そのため、担保権の設定は行われません。
取引先の倒産などによって万が一売掛金の回収が不可能になった場合でも、買戻しに関する特約がない限りは売却代金を返還する必要がありません。
こうしたことから、ファクタリングはいわゆる「貸し倒れ」リスクをヘッジする手段としても活用することができます。

ファクタリングは売掛金の支払い先によって2つのタイプがある

ファクタリングは売掛金の支払い先によって2つのタイプがある ファクタリングは売掛債権を有償譲渡することで現金化できるという金融サービスで、大きく分けて2社間タイプと3社間タイプの2種類があります。
この違いは、売掛金の支払い先の違いによるものです。
まず2社間ファクタリングでは、利用者は買取業者に売掛債権を売り渡し、その代金を得ます。
取引先から後日入金があったらこれを受領し、業者に納付します。
したがって、ファクタリングの利用を取引先に知られることはありません。
買取額と入金額の差が、業者の手数料となります。
これに対して、3社間ファクタリングは取引先の同意を得たうえで売掛債権を売却します。
すると買取業者は、債権を直接回収する権利を得ます。
そのため、取引先は代金を利用者あてでなく買取業者あてに支払うこととなります。
差額が手数料となることは2社間と同じですが、業者が直接受け取れるようになるため回収不能リスクが低減することから、手数料の額は3社間の方が割安となります。

新着情報

◎2021/2/15

利用する際のリスクを解説
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

担保の設定なしに利用
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

個人事業主では使えない
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

デメリットについて
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ファクタリング 担保」
に関連するツイート
Twitter